【Lock, stock and EDM... 】

世界中でブームを巻き起こし、日本でもようやく盛り上がり始めたEDM(Electronic Dance Music)についてつらつらと書いていきます。Steve AokiやLaidback Luke、Showtek、Martin Garrix、R3habやVINAIが大好きです。

ULTRA JAPAN 2014に行ってきた(2日目レポート)

f:id:sugiharamakoto:20140628110748j:plain

初日の過去類を見ないレベルのラインナップで体力を使い果たした上に、アフターパーティ等に顔を出した為、体力が限界に到達。

ウルトラジャパン2日目は17:00のアフロジャックに間に合うようにお台場に到着するという重役出勤でございました。ぞす。 

ULTRA JAPAN 2014 初日レポート 

 

タイムテーブル 

会場マップ

Aflojack

5月末にageHaのイベントで来日した際は、アフロジャックを見る前に酔い潰れて帰ってしまうという事態が発生した為、待ちに待った生アフロジャックですw 

 

f:id:sugiharamakoto:20140930015252j:plain

しょっぱなから「Ten Feet Tall」と「Bounce Generation」のリミックスを流すという高等テクを見せつけてきます。イカしてる。 

自身の歌モノの代表作とまさかの「Bouce Generation」の合わせ技。この組み合わせは想定外ですね。 

Ten Feet Tall (feat. Wrabel)

Ten Feet Tall (feat. Wrabel)

  • アフロジャック
  • Dance
  • ¥250
Bounce Generation

Bounce Generation

  • TJR & Vinai
  • Dance
  • ¥200

その後にもカルヴィン・ハリスの「C.U.B.A」と「Summer」のリミックス。これも圧巻でした。アフロジャック巧すぎる。 

C.U.B.A」ってカルヴィン・ハリスのオリジナルかと思ったら元ネタがあるんですね。知らなかった。 

C.U.B.A (Boost Mix)

C.U.B.A (Boost Mix)

  • DJ Danerston
  • Dance
  • ¥200
Summer

Summer

アフロジャック、非常にスキルフルなステージを見せてくれました。本当に今回はちゃんと見られて良かったです。前回これを見逃してたと思うと。。

ちなみにアフロジャックULTRA JAPANの後も5日間ほど日本滞在したようで、滞在中とにかく日本を絶賛し続けてました。嬉しいですね。

また来てね。 

Alesso

初来日のAlesso!まさかAlessoが見られると思ってなかったので嬉しいですね!Let's do this!!

f:id:sugiharamakoto:20140930015302j:plain

一発目から「Tear the Roof Up」で盛り上げてくれました!

Tear the Roof Up

Tear the Roof Up

  • アレッソ
  • Dance
  • ¥250

Oliver Heldensの「Gecko」も流してました。AfrojackAxwell Λ Ingrossoも流してたので3連続でかかってますね。Future Houseキテます。っていうかOliver Heldensがキテる。  

Gecko (Radio Edit)

Gecko (Radio Edit)

  • Oliver Heldens
  • Dance
  • ¥250

 

Axwell Λ Ingrosso

そして大トリのAxwell Λ Ingrossoの登場です。さすがにSteve Angelloとは別日でしたね。。一夜限りのSwedish House Mafia再結成をちょっとだけ期待していたんですがw

f:id:sugiharamakoto:20140930015313j:plain

惜しむらくは2日目の大トリかつ、1時間半のロングセットでガンガン盛り上がれるほど体力が残ってなかったことでしょうか。もうこの頃には正直気力だけで踊っていた気がしますw 

 

まとめ

個人的な2日間のMVPは間違いなくMartin Garrixですね。いまだに彼のLIVE音源をヘビロテしています。持ち曲のレベルは皆さん御存知の通りの上、最新楽曲のチョイスのクオリティも高すぎて泣けます。

本当にあらゆる面でレベルが高かったです。今すぐもう一度観たいです。

 

参戦してくれたDJは本当に全員最高でしたが、そんな最高なDJ達ですら補えないくらい、運営面は非常に課題が残るイベントだったなというのが正直な感想ではあります。

以下、項目別に課題だと思った点をまとめてみました。

情報公開面

まずあらゆる面で情報公開が遅すぎでした。

もちろんTomorrowWorldが同日開催という想定外の危機でラインナップがなかなか決まらなかったのは理解できますが、決まってからの発表も遅いし、挙句の果てに焦らし方が下手過ぎます。とにかくTwitterFacebookページで怒号の声が上がりまくってましたね。正直ファンをあんなに怒らせる必要ないと思います。。

このソーシャルメディアマーケティングの稚拙さは来年以降なんとかした方がいいでしょうね。

ラインナップ以外にもタイムテーブルや会場マップの情報公開も非常に遅かったですね。しかも発表当初タイムテーブルは専用アプリをダウンロードして見て下さいというゲスさにも驚かされました。

会場面 

f:id:sugiharamakoto:20140921172620j:plain

会場面では、何と言っても史上最大の愚策と言っても過言ではないであろう「A/Bブロック分け」コレがとにかく最悪でした。

現地でいちいちチェックできるわけないとは思ってましたが、案の定グダグダ。結局ろくにチェックできないのに、このブロック分けのおかげで事前に各種コミュニティでチケット交換希望が発生し続け、ファン同士の情報交換を妨げる一因にもなってました。

会場で友だちに会っても「A/Bブロック分け」のせいで一緒に観られないし、フェスの醍醐味を著しく削いだ愚策だったという事に異論の余地はないでしょう。

f:id:sugiharamakoto:20141013181142j:plain

そしてもう一つ運営の無能さを物語るステージエリア内の「」の設置。この柵のおかげでステージエリア内への出入りが1ラインに集中し、前にも進めず、後ろにも引けず、押し合い圧し合いで逆に危険な状態を作ってました。

ULTRA KOREAではこのような無駄な柵がないおかげで体力の限界を感じた際はいつでも後ろに下がっていけたので、よっぽど楽でした。安全面を配慮したつもりだったんでしょうが、逆に危険な状態を作っていたのは間違いありません。

しかも無事柵内に入っても柵の上に人が座っている為、ステージが全く何も見えず。。あらゆる面で全く誰の為にもならない愚策とはこのことでしょう。

全体的に1時間半とかで終わるロックのワンマンライブとかと勘違いしてるんでしょう。これぞ素人の仕事ってヤツですね。

あと真ん中に横断通路作っているのも全くもって無意味でしたね。結局そこで立ち止まって観る人がでるし、警備員だらけで雰囲気も削がれるし。。

音量面

あとは何と言っても「」ですね。あまりにも音が小さくてヒキました。。 周りでも音が小さいって言っている人一杯いましたね。風に流されて聞こえなくなるレベルでEDMフェスって言われても。。

ULTRAは「都市型屋外フェス」っていうこだわりも分かりますが、周辺環境の問題であの音量でしかできないんだったら別の場所でやるべきかと。。

優先事項の順位付けを間違えるとこうなっちゃいますね。DJのラインナップは申し分なかっただけにこれは本当に残念でした。。

時間面

これも周辺環境の問題なんでしょうが、21時に音出せなくなるからって11時からスタートするのって。。特に2日目とか誰が行くの。。

全体的にお台場で開催したメリットをデメリットがあらゆる面で上回ってた気がします。

来年以降にむけて

という感じでDJのブッキング以外はあらゆる面で課題が山積だったのは間違いありません。この反省を活かして今後はより良いフェスにして欲しいと思っています。ULTRA JAPANはとりあえず3年間は続くみたいですし。

色々問題はありましたが、ULTRA JAPANのおかげで間違いなくEDMに対する注目度は上がったと思います。これは間違いありません。

来年以降もこのような稚拙な運営でこのムーブメントに水を差すような事がないようにして欲しいと切に願っています!

 

こちらもあわせてどうぞ。